アフィリエイトがどんなものなのかはなんとなくイメージできましたか?

実際にアフィリエイトを行うとなると『どんな商品を紹介するのか』というのはかなり重要です。

アフィリエイターはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に登録することで色々な紹介案件を仕入れることができるようになります。

今日はこのASPに登録についてのお話です。

ASP登録のために用意するもの

ASPに登録するためには必ず必要なものが3つあります。

  1. ブログ
  2. メールアドレス
  3. 銀行口座

ブログ

あなたがどんなジャンルのブログやサイトを持っているのか、どんな内容の記事を書いているのかを審査されるところもあります。

そもそも紹介するツールを持っていないと「どこで紹介するつもりなんだ?」と思われてしまうのも当然ですよね。

メールアドレス

メールアドレスはプライベートで使っているものと分けておくと便利です。

Gメールyahooメールだと無料でメールアドレスが作れるので、この機会にビジネス用として1つ作っておいてはいかがでしょうか?

銀行口座

紹介料を振り込んでもらうための口座登録が必要になります。

普段使っている口座だと生活費とごちゃ混ぜになってしまうので、こちらもビジネス用で1つ開設しておくと便利ですよ。

使い勝手の良さで選ぶなら楽天銀行の口座がオススメです。

最初に登録しておくべき3つのASP

一口にASPと言ってもその数は膨大です。

どこが良くて、どこが悪いかは紹介したい商品のジャンルによっても違うので一概には言えません。

ですが、最初にうちに必ず登録しておいたほうがいいというASPを3つ紹介します。

    楽天アフィリエイト

    このASPはショッピングサイト楽天市場の商品を紹介できるようになるものです。

    楽天アフィリエイトの良いところはこの3つ。

    1. 紹介できる商品の豊富さ
    2. 登録のハードルの低さ
    3. 再訪問の有効期間が長い

    紹介できる商品の豊富さ

    楽天市場のサイトをのぞいて貰えればわかりますが、いろんなジャンルの商品が数多く売られています。

    この商品の全てをあなたのブログで紹介できるようになります。

     

    あなたが実際に使ったことがある商品も必ずあるはずなので、レビュー記事を書いてその商品を紹介するときにはピッタリのASPです。

     

    楽天アフィリエイトでは紹介した商品だけでなく、あなたのブログ経由で楽天市場へ行った人が仮に紹介していない商品を購入した場合であってもあなたに報酬がつくのも嬉しい点です。

    登録のハードルの低さ

    楽天アフィリエイトの登録には審査はなく、誰でも簡単に登録することができます。

    アフィリエイト報酬は少ないASPですが、紹介できる商品の幅が広いので記事を書き始めた初心者向きです。

    再訪問の有効期間が長い

    この再訪問の有効期間とは、広告をクリックしてその場では購入に至らなかったとしても後日決まった日数内で商品を購入してくれればあなたに報酬が入る期間のことを言います。

     

    例えば、あなたのブログでAという商品を紹介したとします。

    この商品に興味のある読者が記事を読んでAの広告をクリックしました。

    ここでそのまま購入してくれれば当然あなたにアフィリエイト報酬が入ります。

    ですが、クリックした後の商品ページで悩んで「今日は買うのやめとこ!」とそのままページを離れてしまうことも考えられます。

    その後、その読者が気になっていた商品Aを買うことを決意して直接楽天市場のサイトから注文してしまった場合はどうなるんでしょうか?

     

    実はこのケースでもあなたは報酬をもらうことができるんです。

    その理由は再訪問の有効期間にあります。(ちなみに楽天アフィリエイトの再訪問の有効期間は30日間)

    あなたのブログ経由で商品ページへ行ってから30日の間に読者が再訪問した場合であれば、あなたのブログを経由したものとみなしてもらえるんです。(有効期間内に別の人の楽天アフィリエイト広告をクリックしていた場合はあなたのブログ経由とはみなされないのでご注意ください)

    A8.net

    楽天アフィリエイトのような百貨店型とは違い、専門型ASPの代表格です。

    A8.netの良いところはこの3つ

    1. アフィリエイト報酬が高い
    2. 扱っているジャンルの幅が広い
    3. 登録時に審査がない

    アフィリエイト報酬が高い

    専門型ASPの最大の特徴はアフィリエイト報酬の高さにあります。

    百貨店型ASPが商品代金の1%程度(1万円の商品が売れて100円)なのに対し、専門型ASPは1案件5000円なんてものもザラにあります。

    アフィリエイトでそこそこの収入を安定して稼ぐためには専門型ASPの案件をこなすことが必須になります。

    扱っているジャンルの幅が広い

    A8.netは専門型ASPの中でも扱っているジャンルや商品数が多く、方向性がまだ定まっていない初心者の方でも紹介できる商品を探すことができます。

     

    あとは扱っているのが商品だけではないのでアフィリエイトの幅が広がります。

    転職サービスや婚活サービス、クレジットカードの作成をアフィリエイトできたりするので自分自身の経験や知識をネタにすることができます。

    登録時に審査がない

    こちらのASPも楽天アフィリエイト同様、登録時に審査はありません。

    ブログを始めたなら早めに登録してどんな商品やサービスがアフィリエイトできるのかを知っておくことをオススメします。

    Amazonアソシエイト

    AmazonアソシエイトはショッピングサイトAmazonの商品を紹介できるようにするためのものです。

    Amazonアソシエイトの良いところはこの2つ

    1. 商品の数が膨大
    2. 報酬が高め

    商品の数が膨大

    楽天市場同様、売っている商品の数が膨大なのが魅力です。

    ホントに買えないものはないんじゃないか?ってぐらいに品揃えは豊富です。

    報酬が高め

    Amazonアソシエイトは楽天アフィリエイトに比べて報酬が高めに設定されています。

    ジャンル毎に報酬率が設定されていて、一番高いものでは10%なんてものもあります。

    Amazonアソシエイト紹介率表

    楽天派とAmazon派

    ブログの読者には楽天派Amazon派がいます。

    Amazon派の読者がせっかく記事を読んでくれたのに楽天アフィリエイトのアフィリエイト広告しか貼っていない場合、広告をクリックしてくれる確率は低いです。

    当然その逆もあります。

     

    それを防ぐためにも百貨店型ASPとして楽天アフィリエイトとAmazonアソシエイトは両方とも登録しておきたいところですが、困ったことにAmazonアソシエイトは登録時に審査があります。

    しかもこの審査が曲者で、何の対策もせずに挑むと落ちてしまうこともよくあります。

    仮に10回落ちたとしても11回目で通過すれば良いわけで、審査落ちをしたからといってショックを受けることもありません。

    対策をしっかりして再挑戦すれば良いだけですのでぜひ両方とも登録しておいてくださいね。

    まとめ

    いかがでしょうか?

    初心者が登録しておくべきASPは

    この3つです。

    実際にこの3つのASPを使ってみて紹介する商品やサービスの幅を増やしたいと思うほどの余裕がでてくれば、他のASPへの登録も検討してみてくださいね。

    おすすめの記事