ここではプラグイン【Contact Form 7】を使ってお問い合わせフォームを設置する方法をご説明いたします。

【Contact Form 7】ってどんなプラグイン?

【Contact Form 7】とは、あなたのブログに手軽にお問い合わせフォームを設置することができるものです。

 

ブログにお問い合わせフォームを設置することで読者さんとの交流ができるようになります。

 

読者さんの求めている情報を知れたりすることもありますし、なによりも自分のブログの読者さんと交流をもつことは楽しいもんです。

 

【Contact Form 7】のインストール

まずはダッシュボード下の【プラグイン】 → 【新規追加】を順にクリックします。

 

 

次に画面右側の検索窓に【Contact Form 7】と入れると下のような富士山のイラストがでてきます。

 

これが【Contact Form 7】です!

 

【今すぐインストール】をクリックすると、【有効化】というボタンに切り替わりますのでこちらもクリックしておいてください。

 

 

【Contact Form 7】のインストールは以上で完了です。

 

【Contact Form 7】を使ってお問い合わせフォームの作成

それではお問い合わせフォームを作成していきましょう。

 

ダッシュボード下の【お問い合わせ】をクリックします。

 

次の画面で【新規追加】をクリックするとコンタクトフォームの追加画面に移動します。

 

フォーム

まずはタイトルを入力していきましょう。

 

このタイトルは読者に見えるものではなく、あなたがあとから見てわかりやすくするためのものなのでこだわりがなければ「コンタクトフォーム1」でもいいでしょう。

 

タイトルを入れたら一番下の【保存】をクリックしておいてください。

 

 

メール

次はメールの受け取り設定をしていきます。

 

赤枠の【メール】をクリックします。

 

 

送信先の欄にはお問い合わせメールを受け取りたいメールアドレスを入力するのですが、お問い合わせメールにはできるだけ早く返事をすることが望ましいです。

 

複数のアドレスがある場合はメールチェックをマメにするアドレスを選ぶようにしてください。

 

 

送信先メールアドレスの入力ができましたら、自動返信の設定をしていきます。

 

これを設定しておくと、お問い合わせメールを送信した直後に送信者へあらかじめ登録しておいたメッセージを届けることができます。

 

下の方にある【メール(2)を使用】にチェックを入れてください。

 

 

こういう画面が開きますので、【メッセージ本文】を変更していきます。

 

 

ちなみに私の場合はこのように変更してみました。

 

※[your-message]にはお問い合わせメールの送信者が送った問い合わせ内容が表示されます※

 

 

変更できましたら、一番下の【保存】をクリックしておいてください。

 

メッセージ・その他の設定

この項目はとりあえずはそのままで大丈夫です。

 

お問い合わせフォームの設置

それでは作成したお問い合わせフォームを固定ページに貼り付けていきましょう。

 

一番下で【保存】すれば赤枠のようなショートコードが表示されますので、これをコピーしておきます。

 

 

 

 

次は【固定ページ】 → 【新規追加】の順にクリックして固定ページの編集画面を開きます。

 

 

 

次の画面でタイトルと本文を入れていきます。

 

①のタイトルは「お問い合わせフォーム」としておきましょう。

 

②の本文には先ほどコピーしたショートコードを貼り付けます。

 

 

ちなみに参考までに私はこのように書いています。

 

 

ショートコードを貼り付けられたら③のプレビューをクリックしてちゃんと表示されるかを確認します。

 

お問い合わせフォームが表示されていれば④の公開をクリックして公開します。

 

 

次に作成したお問い合わせフォーム(固定ページ)をブログに設置していきます。

 

ダッシュボード下の【外観】 → 【ウィジェット】を順にクリックします。

 

 

開いた画面で左側にある【固定ページ】と書かれたものドラッグ&ドロップしてサイドバー等に貼り付けます。

 

タイトルを仮に「当ブログについて」として、右下の【保存】をクリックします。

 

これであなたのブログにもお問い合わせフォームが設置されました。

 

 

最後に

お疲れさまでした。

 

いかがだったでしょうか?

 

慣れない作業で大変だったかもしれませんが、一度お問い合わせフォームからあなた自身で問い合わせをしてみて正常に動いているかを確認しておいてくださいね。

おすすめの記事