ここではプラグイン【Tiny MCE Advanced】のインストール方法と使い方についてお伝えしていきます。

【Tiny MCE Advanced】ってどんなプラグイン?

 

【Tiny MCE Advanced】は記事を書く時の機能(編集ボタン)を増やすことができるプラグインです。

 

それによって専門的な知識がなくても、見た目のキレイな記事に仕上げることができるようになります。

 

 

WordPressの記事投稿画面で最初から使える装飾は限られていてその種類って結構少ないんです。

 

例えば、アンダーラインを引きたい!と思ってもボタン一つでは引くことができません。

 

それを可能にするのがこのプラグインです。

 

 

実際に見てみると、元からある編集ボタンはこんな感じです。

 

 

 

それが【Tiny MCE Advanced】を使うと

 

 

こんな感じに編集ボタンを増やすことができるんです。

 

 

しかも編集ボタンの並び替えは自由で、よく使うボタンをまとめて配置することもできるので使い勝手もいい♪

 

WordPressブログをやっているとこのプラグインは必ず必要になってきますので今の内からインストールしておいてくださいね。

 

【Tiny MCE Advanced】のインストール方法

まずはダッシュボード下の【プラグイン】 → 【新規追加】の順でクリックします。

 

次の画面の右上の検索窓に【Tiny MCE Advanced】と入れてください。

 

すると鉛筆のようなマークの【Tiny MCE Advanced】がでてきますので【今すぐインストール】をクリック。

 

 

【今すぐインストール】が【有効化】に変わるのでこちらをクリックしておきます。

 

 

これで【Tiny MCE Advanced】のインストールは完了です。

 

お次は編集ボタンの選択と設定をしていきましょう。

 

編集ボタンの洗濯と設定

ダッシュボード下の【設定】 → 【Tiny MCE Advanced】を順番にクリックしてください。

 

 

次のエディター設定の画面で、左上の【エディターメニューを有効化する】にチェックが入っていることを確認してください。

 

あとは【使用しないボタン】の中から欲しい機能を上の欄にドラッグ&ドロップします。

 

※ドラッグ&ドロップ = 欲しい機能にカーソルを合わせてマウスの左ボタンを押しながらマウスを移動させて、置きたい場所で左ボタンを離します※

 

 

設定は何度でも変更できるのであまり悩まず決めてしまいましょう!

 

欲しい機能を順番に並べられたらその下の設定をしていきます。

 

下の画像の赤枠と同じところにチェックを入れておいてください。

 

 

その下も同じようにチェックしていきます。

 

最後に右下の【変更を保存】をクリックして設定を保存してください。

 

 

これで【Tiny MCE Advanced】の設定は完了です。

 

次に【Tiny MCE Advanced】の使い方を簡単に見ていきましょう。

 

【Tiny MCE Advanced】の使い方

まずは記事の投稿画面を開きます。

 

 

 

投稿画面で編集したい文章をドラッグして選択します。

 

次に【B】をクリックします。

 

これだけで太字にできてしまうんです。

 

簡単でしょ??

 

 

最初はどの編集ボタンにどんな機能があるかがわからないと思いますが、編集ボタンにカーソルを合わせると、【太字】・【下線】・【画像の挿入/編集】と出てくるので一通り使ってみてくださいね。

 

最後に

上手く設定できましたか?

 

記事を書いていると「あーしたい」「こーしたい」というのが必ず出てきます。

 

どういうところで使えば読みやすいか読者目線で考えながら積極的に使っていきましょう!

 

このプラグインを入れておけば役立つこと間違いなしです♪

おすすめの記事